しない!させない!ハラスメント

Bookmark this on Google Bookmarks

IMG_2330

竹山市長が3選目を果たして初となる予算編成が示された定例会が明日最終本会議を迎えます。大きく注目を浴びる施策も大切ですが、目立ちはしないけど重要な取組も多くあります。今回紹介する取組は予算編成とは関係ありませんが、自治体職員(教職員も含め)にとってとても大切なマニュアルの更新です。実は、約一年ほど前の委員会質問で堺市職員向けセクシュアル・ハラスメント対応マニュアル(写真右が旧、左が新)が作成当時から情報の更新が全くされていないことを指摘していました。

定例会中に「今日出来たんです!」と職員の方が見せてくれたのが「ハラスメントのない職場にするために ハラスメント対応マニュアル」でした。聞くところによると、専門業者に依頼したものではなく堺市職員の方々の自力で作った労作とのこと。ですから、新たに記載する必要項目が見つかった場合は即座に更新していけると言うものです。

IMG_2332 IMG_2331 2

更新版には、いわゆるセクハラだけでなくパワハラ、マタハラ、SOGI(ソジ)ハラ等も詳しく記載されています。ページ数は9ページから28ページへと増加し内容も充実。今後はこれをいかに浸透させていくかです。残念ながら、平成30年2月7日に市立小学校教諭がスマートフォンで女性のスカート内を撮影しようとしたとして、大阪府迷惑行為防止条例違反の容疑で検察庁の送致されています。この事件は、セクハラだけではくくれないほど悪質なものですが日常的な研修や人権意識の向上のためにマニュアルは必要不可欠です。

2度と繰り返さないために。

カテゴリー: 活動報告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>